valhalla privete club(ヴァルハラプライベートクラブ)と資産運用

ヴァルハラ金融システムを利用中です。ヴァルハラは資産運用に特化したクラブです。

資産運用とは?

極めてローリスクなものでいうと、銀行の定期預金があります。

定期預金で得られる年利は、年0.04~0.4%です。

資金を預けた銀行が破綻しない限りは安全で、減る事もありません。

ただ、上記の年利の通り、あまり増えません。ただ何もしないよりはいいでしょう。

安全に、お金を増やしたければ定期預金がいいですね。元々の資金が多ければ、その分増えます。

それより年利の高いものが、国債です。

国債で得られる年利は、0.65~0.75%。

国債には、変動タイプと固定タイプがあります。

固定タイプは、何年経過しても最初に申し込みをした金利のままで、変動タイプは、実勢金利に応じて、半年ごとに金利が変わります。その金利は、増えるかもしれませんし減るかもしれません。どちらがいいのかは、判断つきませんね。

安定を求めるか冒険を求めるかといったところでしょうか。

またこちらは、銀行以上に安全で、日本が破綻しない限りは損失が出る事はありません。

国債は、銀行ではなく、国や政府・地方公共団体、企業などの商品です。

少額から手軽に購入することができます。まず最初に始めやすいのはこちらでしょう。

そして、少額ではなくもっと大きなお金を安全に運用したいとなれば、

ヴァルハラプライベートクラブを利用してみるのがいいでしょう。

日経平均、終値は315円高 日銀政策受け、ほぼ全面高

21日の東京株式市場は、日本銀行の金融政策決定会合の結果発表を受けてほぼ全面高となり、日経平均株価は前日終値より300円超値上がりした。終値は、前日より315円47銭(1・91%)高い1万6807円62銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は、同35・70ポイント(2・71%)高い1352・67。出来高は25億8千万株。

マイナス金利政策のマイナス金利幅が据え置かれたことで金融機関の業績悪化懸念が後退し、銀行株を中心に買われた。外国為替市場の円相場が1ドル=102円台後半まで円安に振れる場面もあり、自動車など輸出関連株も上昇した。

東京円、小幅な値動き

20日の東京外国為替市場の円相場は小幅な値動きとなっている。午後1時の対ドルは前週末16日午後5時より03銭円安ドル高の1ドル=101円93~94銭。対ユーロは同62銭円高ユーロ安の1ユーロ=113円85~87銭。

20~21日に日本銀行の金融政策決定会合があるほか、FOMCも開かれる。日米の金融政策を決める会合を前に、市場は「新たなリスクは取りづらい」(大手銀行)などと様子見の姿勢が強まっている。

マイナス金利、金融界の批判止まず 「副作用」指摘続々

日本銀行のマイナス金利政策に大手金融トップから批判的な発言が続いている。日銀は金融緩和で金融機関を通じて大量のお金を市場に流し、両者は協力し合う関係だが、マイナス金利は金融機関にデメリットが出ている。日銀は20~21日の金融政策決定会合で緩和策を検証し、追加緩和の必要性を議論するが、マイナス金利幅を拡大すれば批判が強まる可能性がある。

生命保険協会の根岸秋男会長は16日の会見で、「マイナス幅が拡大されれば副作用が大きくなる。慎重に判断して頂きたい」と述べた。マイナス金利政策で長期金利が下がり、国債の利回りが低下。国債などで運用する積み立て型の保険商品は利回り確保が難しく、保険料値上げや販売停止が続く。根岸氏は「低金利が続けば傾向は変わらない」と語った。日本損害保険協会の北沢利文会長は15日、「副作用に十分に配慮してほしい」と述べた。

銀行は金利低下で収益が減り、貸し出しペースが鈍りかねない。全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は15日、「本来のベネフィット(効果)も損なわれかねない」とした。大手行首脳は「マイナス金利幅の拡大はやめてほしい。政策自体をやめて欲しいくらいだ」と牽制(けんせい)する。

FRB理事、早期利上げに慎重姿勢 NYダウ大幅上昇

FRBのブレイナード理事は12日の講演で利上げについて「慎重さが求められる」と話し、早期利上げに慎重な姿勢を示した。発言を受け、20、21日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測は後退した。同氏は物価上昇率が「年2%」の目標を下回り、雇用に改善の余地があるなどとして、早期利上げは「説得力に欠ける」と指摘。今後数カ月で指標を精査するとして、利上げを急がない姿勢を示した。

12日のニューヨーク株式市場では、利上げの先送りで低利の資金調達がしやすい環境が続くとの見方から株価が大幅に上昇。大企業で構成するダウ工業株平均の終値は前週末より239・62ドル(1・32%)高い1万8325・07ドルだった。

13日の東京株式市場で日経平均株価は上昇。午前の終値は前日終値より2円73銭(0・02%)高い1万6675円65銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同3・13ポイント(0・24%)低い1319・97。東京外国為替市場の円相場は、米利上げ先送りで日米の金利差が拡大しないしないとの見方からドルが売られ、円高ドル安となった。午前11時時点は前日午後5時より77銭円高ドル安の1ドル=101円54~55銭。対ユーロは、同1円05銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円03~04銭。

日経平均終値、292円安 ダウ下落受けほぼ全面安

週明け12日の東京株式市場で、日経平均株価は前週末の終値より292円84銭(1・73%)安い1万6672円92銭で取引を終えた。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同20・76ポイント(1・54%)低い1323・10。出来高は16億1千万株。

前週末に米国で利上げ観測が高まり、ダウ工業株平均が大幅に下落した。その流れを受けた東京市場も、朝方からほぼ全面安になった。原油先物相場が値下がりしたことに加え、アジア市場が軒並み下落したことも響いた。

NYダウ続落、46ドル安 欧州の株安が影響

8日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が続落し、前日より46・23ドル(0・25%)安い1万8479・91ドルで取引を終えた。欧州の主要な株式市場が下落し、米国市場でも売り注文が優勢になった。

ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は5営業日ぶりに反落し、前日より24・45ポイント(0・46%)低い5259・48で取引を終えた。

山口組組長に「サイン下さい」と大声 対立組員が挑発か

指定暴力団神戸山口組の組員が今月5日、JR新神戸駅構内で大声を出すなどして警察官ともみあいになる騒ぎがあり、兵庫県警は8日、同組の傘下組織の事務所など9カ所を家宅捜索した。

県警などによると、5日午前10時40分ごろ、対立抗争状態にある指定暴力団山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(74)が新幹線で新神戸駅に到着。その際、神戸側の組員ら約30人が改札付近で待ち構え、うち数人が「サインください」などとわめきながら色紙を手に篠田組長に近寄ろうとして、警戒していた県警の捜査員ともみ合いになった。

老後破産

生活保護受給世帯が2カ月連続増 高齢世帯の9割が単身

6月に生活保護を受けた世帯は前月より1292世帯多い163万4693世帯だった。増加は2カ月連続。65歳以上の高齢者世帯のうち単身世帯が9割を占めており、受給者の高齢化と単身化が進んでいる。厚生労働省が7日、発表した。

日経平均終値44円高 2日続けて値上がり

6日の東京株式市場は、日経平均株価が2日続けて値上がりした。終値は、前日より44円35銭(0・26%)高い1万7081円98銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同8・73ポイント(0・65%)高い1352・58。出来高は15億4千万株。

米国の早期利上げや日本銀行の追加緩和への期待感で、東京外国為替市場の円相場が1ドル=103円台後半のやや円安に振れ、幅広い銘柄が買われた。ただ、日経平均が前日に1万7000円台を回復したことで利益を確定させる売りも膨らみ、小幅な値上がりにとどまった。

北朝鮮、日本海へ弾道ミサイル3発発射 G20牽制か

北朝鮮は、5日午後0時14分、朝鮮半島西側の黄海に近い黄海北道黄州(ファンヘブクトファンジュ)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部によれば、ミサイルは中距離のノドン(射程1300キロ)で、1千キロ程度飛行した。防衛省などによれば、3発は北海道・奥尻島沖西方二百数十キロの海上に落下した模様だ。同海域は、日本周辺200カイリ(約370キロ)に設定した排他的経済水域(EEZ)内にあたるという。

安倍首相、中国・杭州に到着 G20に出席

安倍晋三首相は4日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため、中国・杭州に到着した。同日午後(日本時間同日夕)に開幕するG20首脳会議には、オバマ大統領や7月に就任した英国のメイ首相らも出席し、世界経済について議論する。

安倍首相は5日には、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と会談する予定。6日からはラオスの首都ビエンチャンを訪れ、東アジアサミットに出席する。首相は出発に先立ち4日朝、羽田空港で記者団に「G20では先進国、新興国が一致協力して世界経済を成長軌道に戻していくための議論をリードしたい。東アジアサミットでは、地域の課題や問題について議論したい。東シナ海、南シナ海における日本の立場を明確に述べていきたい」と述べた。

ヴァルハラ金融システム

ヴァルハラプライベートクラブの金融システムにて資産運用中です。

順調に利益を伸ばしてくれています。

このペースでいけばかなりの資産形成が可能になります。

運用期間が500日間と決まっているみたいですが、500日後にスムーズに他の証券会社に移行できれば利益も続きそうですね。

今後の利益に期待しています。

日経平均、3日ぶり値下がり 米雇用統計控え様子見も!

2日の東京株式市場で、日経平均株価は3日ぶりに値下がりした。終値は前日より1円16銭(0・01%)安い1万6925円68銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同3・38ポイント(0・25%)高い1340・76。出来高は16億4千万株。

朝方は外国為替相場で、円安が一服したことを受けて、輸出関連株の売り注文が膨らんだ。ただ、前日の米株高などを受けた買い注文も入り、売り買いが交錯した。日本時間の2日夜にある米雇用統計(8月分)の発表を前に、積極的な売り買いが控えられ、小幅な値動きに終始した。

日経平均終値、39円高 小幅に値上がり

1日の東京株式市場は、日経平均株価が小幅に値上がりした。終値は前日より39円44銭(0・23%)高い1万6926円84銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同7・84ポイント(0・59%)高い1337・38。出来高は18億4千万株。

外国為替市場の円相場が1ドル=103円台前半の円安水準で推移し、幅広い銘柄が買われる一方、原油先物相場の下落を受けてエネルギー株などが売られた。日本時間の2日夜に8月の米雇用統計の発表を控え、「様子見の投資家が多かった」