原油価格 更に下落か

原油価格は米国のシェールオイルの増産、中国経済の減速などで2014年以来、大幅に低下していた。

また今年1月に核問題を巡る経済制裁を解除されたイランが増産し始めたのでより加速した。

そこで石油輸出国機構OPEC加盟国とロシアなど一部の非加盟国は今月17日 原油の増産凍結について協議することを決めた。

しかしイランはこれまでも生産回復を優先し、増産凍結には応じない考えを示してきた。

イランと反目を続けていたサウジアラビアも

今回のイランの増産姿勢が明らかになったことで 不参加の可能性が高まっている。

このままいくと更に下落して ロシアやブラジルなど資源国で続く景気減速がさらに進む可能性も懸念されている。

 

日本は原油輸入国なので 良い事ではある。

市民生活を考えてももっと安くなるなら大歓迎だ。

期待したい。