シャープ 7000人削減検討

やっぱりな!といった所か。

シャープを買収する台湾の鴻海精密工業が シャープの国内外グループ従業員約4万3000人のうち最大7000人を削減する検討に入ったようだ。

6月末にも買収は完了する見通しだが 買収完了後に鴻海グループの戴正呉副総裁が社長に就任する。

買収後も可能な限りリストラはしないとの事だったが やはり再建には難しかったのだろう。

残念だが以前のような魅力的な商品を 今後のシャープには期待出来ないかなと思ってしまう。

シャープ経営陣の責任は重大だ。

これでは社員が可哀想だ。