ラブホテル改装 ホテル不足の解消を

最近は訪日観光客が急増しており 都市部の宿泊施設が予約を取り辛くなっている。

政府としては2020年オリンピック開催年は4000万人の訪日客を目標にしている。

しかしホテルが足りなくなるので 民泊の規制緩和をした。

さらにプラスしてラブホテルの事業者が観光客向けの一般ホテルに改装する場合

条件付きで改装のための融資が受けやすくなるよう政府系金融機関の対応を進める見通しだ。

 

観光立国にしたいのは良いが オリンピック後が心配である。

その後 観光客が減少したら 廃墟となるホテルも増えるだろう。

今後も継続して観光客が来てくれるような 魅力ある国にしていきたいものだ。