北朝鮮、日本海へ弾道ミサイル3発発射 G20牽制か

北朝鮮は、5日午後0時14分、朝鮮半島西側の黄海に近い黄海北道黄州(ファンヘブクトファンジュ)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部によれば、ミサイルは中距離のノドン(射程1300キロ)で、1千キロ程度飛行した。防衛省などによれば、3発は北海道・奥尻島沖西方二百数十キロの海上に落下した模様だ。同海域は、日本周辺200カイリ(約370キロ)に設定した排他的経済水域(EEZ)内にあたるという。