FRB理事、早期利上げに慎重姿勢 NYダウ大幅上昇

FRBのブレイナード理事は12日の講演で利上げについて「慎重さが求められる」と話し、早期利上げに慎重な姿勢を示した。発言を受け、20、21日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測は後退した。同氏は物価上昇率が「年2%」の目標を下回り、雇用に改善の余地があるなどとして、早期利上げは「説得力に欠ける」と指摘。今後数カ月で指標を精査するとして、利上げを急がない姿勢を示した。

12日のニューヨーク株式市場では、利上げの先送りで低利の資金調達がしやすい環境が続くとの見方から株価が大幅に上昇。大企業で構成するダウ工業株平均の終値は前週末より239・62ドル(1・32%)高い1万8325・07ドルだった。

13日の東京株式市場で日経平均株価は上昇。午前の終値は前日終値より2円73銭(0・02%)高い1万6675円65銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同3・13ポイント(0・24%)低い1319・97。東京外国為替市場の円相場は、米利上げ先送りで日米の金利差が拡大しないしないとの見方からドルが売られ、円高ドル安となった。午前11時時点は前日午後5時より77銭円高ドル安の1ドル=101円54~55銭。対ユーロは、同1円05銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円03~04銭。