プライベートバンクとは?

プライベートバンクとは?

プライベートバンカーが経営する銀行です。

では、プライベートバンカーとは?

個人またはパートナーシップ等の形態で、銀行を所有し、経営し、経営に無限責任を負う、個人銀行家である。

有名なものでいうとスイス銀行があります。

組織形態は無限責任のパートナーによる経営(万一の場合は無限責任パートナーが個人資産を含めて責任を負う形態のため信頼度が高い。

顧客対象は主な対象は富裕層や機関投資家など…

銀行によって基準が異なりますが、米ドルで100万ドル・日本円で1億円以上の金融資産(不動産を除く)が一つの目安と言われています。

事業領域・資産保全・資産運用に特化(融資、自社売買等の高リスク業務を行わない)

ほぼ倒産等の恐れがありません。

収益構造:顧客から預かった資産の保全・管理・運用の手数料

顧客と銀行の利害ベクトルの一致(「顧客が儲かれば(顧客資産が増加すれば)、銀行も儲かる(手数料が多くなる)」あるいは「顧客が損する(顧客資産が減少すると)と、銀行も損する(手数料が少なくなる)」)。また、大手商業銀行のプライベートバンキング部門等とは異なり、特定の金融商品の営業行為を基本的に行わない(収益構造が販売手数料等に依存していない)。

 

スイスであることの、特徴やメリット・・・スイスは永世中立国であり、かつ、各種の国際機関の本部が設置され、政治的に安定性が非常に高い

スイスのプライベートバンクは富裕層の資産保全・資産運用に関して既に数百年以上に亘る長い実績とブランドを有する

 

スイス銀行でなくとも、だいたいのプライベートバンクが、一億以上、となっているようです。

そのような高額な預け入れができるというのはすごいですね。

お金持ちの資産家の方が利用しているのでしょう。

利用してみたいものですね。