日経平均、52円高で取引開始

5日の東京株式市場で、日経平均株価は前日の終値より52円24銭高い1万6787円89銭で取引が始まった。

 

ニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が下落し、前日より85・40ドル(0・47%)安い1万8168・45ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)の量的緩和政策縮小の観測から売り注文が先行した。ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は、前日より11・21ポイント(0・21%)低い5289・66で取引を終えた。