不動産投資

さて、Valhalla Private Clubへの道のりはまだまだ果てしないですが、今回もValhalla Private Clubへの準備としてミドルリスク・ミドルリターンの中から「不動産投資」を調べてみました。

まず不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。具体的には、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益(売却益)を得ることを言います。地方よりも将来性のある東京に資金が集中する傾向があります。また、売却益よりも家賃収入(運用利益)を期待して投資する不動産投資が主流となっています。
株式やFXなどの金融商品と異なり、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるものです。

わりと主流な方法ではないでしょうか。コレならややこしいことはほとんどなさそうです。が、一度まとまったお金が必要なのではないか?それに土地の価格の変動や人気など選び方が難しかったりしそうです。

では、不動産投資のメリット・デメリットを紹介していきます。

「メリットは少しの自己資金とローンではじめられる」「長期的にまとまった収入を得られる」「インフレに強い」「節税効果がある」「売却益が可能」などなど。

一方デメリットとしては、「空室の長期化」「建物の老朽化と修繕コスト」「ローン金利の上昇」「売却のタイミングを計る必要がある」そして「不動産価格の値下がり」です。

不動産価格が下落した場合、売却の際に売却損(キャピタルロス)が生じる可能性があります。メリットに対してデメリットも多く感じられますが、まとまった資金が無くても始められると言うのは魅力的です。