黒田総裁「必要な政策調整行う」 マイナス幅拡大示唆

日本銀行は17日、全国各地の景気動向を話し合う支店長会議を開いた。黒田東彦(はるひこ)総裁は冒頭のあいさつで「物価目標に向けたモメンタム(勢い)を維持するため、必要な政策の調整を行う」と述べた。世の中に流すお金の「量」から「金利」重視の政策に転換したことを踏まえ、マイナス金利幅の拡大や長期金利の目標水準引き下げを示唆したとみられる。

現状の景気は「基調としては緩やかな回復を続けている」との認識を示した。物価の先行きは「基調は着実に高まり、2%に向けて上昇率を高めていく」との見通しを強調した。