valhalla privete club(ヴァルハラプライベートクラブ)と国債について

以前にも書きました個人向け国債についてです。

初心者の方で、資産運用をまず始めてみようという方には、安全安心でピッタリかといえます。

個人向け国債には、募集期間というものが設定されていて、この期間内に商品を購入することができます。

募集期間は毎月設定されているので、ほぼ一年中、好きなタイミングで投資を始めることができます。

初めて購入する場合には、証券会社や銀行などで、国債の取引を行うための口座開設が必要になります。取引口座開設には、印鑑や運転免許証などの本人確認書類が必要になるので、事前に確認しておきましょう。

個人向け国債は、日本のほとんどの銀行や証券会社で取り扱っています。

最近では、直接金融機関の窓口にいかなくても、インターネットや電話でも購入可能です。

財務省のホームページに、国債を取り扱っている、金融機関が掲載されているので、確認してみましょう。

個人向け国債を購入するときには、いくつかの注意点があります。

「中途換金」について。

急にお金が必要になった際、銀行の普通預金であればすぐにお金をおろすことができますが、国債の場合は、購入後1年間は、すぐに換金することができません。(例外的に中途換金ができる場合もあります。)

そして、中途換金をする場合には、額面金額から所定の金額が差し引かれてしまうことも覚えておきましょう。

そして、個人向け国債は、他の金融商品同様に、税金がかかります。

個人向け国債の場合、利子の受け取り時に、20.315%分の税金が差し引かれます。(例外で非課税となる場合もあります。)

以上に注意して、気になる方は購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。