少ない資金から始める資産運用!?

資産運用をするには高額の資金が必要だと思っていませんか

高額の資金がなくとも今は少ない資金の額からでも資産運用が可能なのです。

 

今回は少ない資金で始める資産運用のために準備するものをご紹介したいと思います。

 

月500円という金額から資産運が可能な投資信託が存在しています。

少ない資金で資産運用をはじめたい場合は、積立型の投資信託の利用が一番だと思います。

積立型の投資信託の場合は、毎月の所得の一部を投資信託の購入に充てるだけで、貯金が全く無い人でも買うことができます。

 

毎月の積立額は数千円単位に設定することができ、証券会社の中には探したら積立の最低金額が500円から可能というところもあります。

毎月500円の積立が可能な場合、定期収入がある場合、無理することなく払うことができると思います。10万円の予算の準備も厳しいという方は投資信託から資産運用を始めると良いと思いますので、おすすめです。

 

また、10万円の元手がある場合、有利な条件で株式投資に臨むことができます。それは国内株の存在です。

国内の株式の約3割は10万円以下の少額金額で売買されているので10万円の元手があれば色々な銘柄を選ぶことが可能となってきます。

それに国内株の中には、ミニ株やプチ株といった本来の株式の10分の1以下の少額金額で買えるものも存在しています。

ミニ株やプチ株を利用すれば国内の上場企業のほとんどの株式は、10万円以下の少額金額で購入することが可能となります。

会社が発行する株式を購入すれば、株主優待サービスと配当金を毎年手に入れることができます。株式は持っているだけでメリットがあるので株式投資は投資初心者の方にも人気がある資産運用だと思います。

 

また、少額の資金から運用することと真逆の、富裕層向けに資産運用を全て任せるヴァルハラプライベートクラブというプライベートクラブも存在しているようです。

 

高額な蓄えはないけれども資産運用には興味がある、最初は少額から資産運用に取り組んでみたいという方は始めてみてはいかがでしょうか。