20代からの運用に向けて

資産運用は始める時期が早いほどいいと言われています。

20代という若さを最大限に活かすには、具体的にどういった資産運用がいいのか考えてみましょう。

 

20代の資産運用には、これから紹介する特徴があります。

・他の年代よりもリスクが取れる

・家族を養う必要がない

・資産運用にあてることができる資金が他の年代よりも多い

・元手があまりない

といったところでしょうか。

 

まず、株を始める前に知っておくことは、当たり前ですが株で利益をあげることは簡単なことではなく、利益を出す人がいれば損失を出す人もいます。

現に株で資産運用を始めてみたものの思うような結果を出すことができず、損をだして短期間でやめてしまう人も結構いるのです。

20代の資産運用では他の年代よりも長い時間軸で資産運用に取り組めるというのが最大のメリットであることを忘れず、長期的な目線で将来的にヴァルハラプライベートクラブのような資産運用クラブのような場所に預けられるように、資産運用を始めてみましょう。

 

最初に、若さを活かせるのは「長期投資」だということについて話していきましょう。

若いということで運用資金がない、投資経験もない。そんな20代が「若さ」を最大限に活かすための運用方法です。

20歳から定年までの40年間、貯金と投資それぞれのやり方で月1万円もしくは3万円ずつ運用した場合、1万円をためた場合、480万円 です。3万円をためた場合、1,440万円になります。

 

長期投資では、購入後は基本的に「放置」する程の心構えがちょうどいいです。

方法としては、国内外の企業が発行する株式の売買で利益を得る方法です。積極的なリターンを狙えますが、株価の値動きが激しい企業も多いためリスクはある程度伴いますが株価の値動きを示すチャートの読み方や企業分析力を身に付けると安定的に利益を獲得することも可能です。

仕事中まで株価のチェックをして一喜一憂していては本末転倒になるでしょう。特に毎月1万円のように積立式で投資信託を購入する場合は、一度に1,000万円を投資するのと違い、値下がりする時期は安く株が買えるメリットを期待できるでしょう。