ヴァルハラプライベートクラブの歴史

今回は、最近話題のヴァルハラプライベートクラブのその歴史について書きたいと思います。
HP(http://www.valhalla-chorzow.com/jp/vision.html)の方に詳細が載っていました。

~ヴァルハラプライベートクラブのこれまで~

1991年 アメリカ・シカゴでブルタン社を設立
個人投資家向け株式投資コンテンツマーケット情報配信システムを開発

1996年 ベッジファンドと裁定取引システムを共同開発

2000年 銀行、証券会社向け裁定取引システムを開発

2008年 富裕層向けクラブへ経営の中心を転向
ヴァルハラプライベートクラブUSAを開設

2012 富裕層の想像をテーマとし、アジアへ展開
ヴァルハラプライベートクラブシンガポールを開設

そして現在に至る
アメリカ・シカゴで設立されたんですね、全ての歴史はそこから始まったのですね。
2008年から富裕層向け経営に転向し、そこでヴァルハラプライベートクラブUSAという名前で改めて設立されたようです。
2012年のアジアへの展開で日本にも進出したようです。
現在25年の歴史をもつヴァルハラプライベートクラブ、これからどのような展望を遂げていくのでしょうかそちらについてもHP電卓に記載してありました。

~ヴァルハラプライベートクラブの今後~

2018年 ヴァルハラプライベートバンクUSA開設

2019年 ヴァルハラプライベートバンクシンガポール開設

2018年にはアメリカでヴァルハラプライベートバンク、銀行を開設
2019年にはシンガポールに開設を目指しているようです。

しっかり利益を生み出し続けているヴァルハラプライベートクラブなら、必ず今後もこの目標を達成していけることでしょう。

今後の展望についてHPについて記載がありました。
「資産サポートを通じた信頼の構築と拡大」
お客様とここに築き上げる資産サポートを通じ深められた信頼関係を、より高度な資産計画が求められる将来、私達のサービスを安心してご活用していただける礎とし、新しい成長フェーズへ踏み出します。
メンバーが利用できる様々な金融サービスを無料で体験できるビジターコースもご用意しています。
私たちは、アジア地域においてお客様のニーズと向き合ったビジネスを拡大させていき、お客様にとって、私達が資産育成のパートナーとして有り続けられるよう長期に渡るサポート計画をご用意します。ときに「相続役」ときに「指揮者」としてお客様とともに歩んでまいります。

今後もヴァルハラプライベートクラブに期待していきましょう。