円安107円台・日経平均も上昇… トランプ氏に期待感

14日の東京金融市場は、米国のトランプ次期大統領への期待から、円相場は一時、1ドル=107円60銭近辺と約5カ月ぶりの円安水準をつけた。輸出企業の業績が改善するとの見方がでて、日経平均株価も一時、前週末の終値より300円超値上がりした。

トランプ氏が大幅な減税やインフラへの積極的な投資を行えば米国の景気拡大につながるとの見方が広がり、米国の金利は上昇している。日米の金利差が開くとの思惑から、為替市場ではドルを買って円を売る動きが進んでいる。午後1時時点は前週末午後5時より72銭円安ドル高の1ドル=107円41~42銭。対ユーロは、同38銭円高ユーロ安の1ユーロ=115円97銭~116円04銭。

株式市場では、14日朝に発表された7~9月期の国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったことも買い注文につながっている。午後1時時点の日経平均株価は、前週末の終値より288円86銭高い1万7663円65銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同21・62ポイント高い1399・90。午前の終値は、日経平均が同266円05銭(1・53%)高い1万7640円84銭。TOPIXは同19・83ポイント(1・44%)高い1398・11。出来高は13億株。