プライベートクラブとの出会い。

毎回ヴァルハラプライベートクラブを紹介しているのですが、少しヴァルハラプライベートクラブとの出会いを。

大学生時代は経済学部にいたものの、経済のことには全くと言っていいほど無関心でした。

何気なく卒業し何気なく企業に就職し、何気なく働いているだけの平凡な毎日でした。

しかしある日家の近くに住んでいるおじいさんが借金取りに取り立てられている現場を見てしまいました。その後に周りから話をきくと年金が少なすぎ生活できずに借金してしまったらしいです。

その話を聞いた時に体に衝撃が走りました。普通に生活を続けていてもそのうちどこかで生活できなくなるのか?という恐怖心が湧いてきたのです。

普通に生活してきた日々が普通じゃなくなる。そう考えてからは色々な勉強をしました。

そして結果、資産運用にたどり着いたのです。

もちろん資産運用といっても種類はたくさんあります。プライベートバンクもあれば、FX、為替、株などあります。

投資家の知り合いもいないのでネットでしか知れない情報、なにが本当でなにが嘘かわからない、手探りで探していく中で、「ヴァルハラプライベートクラブ」と言うものに出会いました。

最初は本当におどろきしかなかったですね。

ノーリスクハイリターンで金利もすごい。

すごいのはこれだけではありません、開けたページにでてきた「成功する人は9秒で決断する」という言葉。この言葉の重みですよね。

すぐに登録してしまいました。

この時には資産運用で老後のお金を蓄えたい、という思いよりもなにかに成功したいと思うようになってきました。

成功=幸せな生活

そこに向かって働くとおもうといつの間にか恐怖心がなくなっていくのがわかるのです。

まずはビジター会員になり、お金をためて、いずれはメンバー会員に・・・なにもなかった生活に“夢”というものまでできました。

ヴァルハラプライベートクラブが与えてくれたものはお金だけではありません。安心や希望、私はそんな“副作用”までも与えてくれたことに感謝です。