ヴァルハラプライベートクラブに向けて

今回はヴァルハラプライベートクラブに向けての簡単な準備を。資産運用は低金額からはじめられるといっても準備は必ず必要です。準備といっても本当に簡単です。

まずは資金の整理整頓をしましょう。自分のお金の状態を知り、今の自分の資産は全部でいくらあるのか、その中から投資に回せるのはいくらまでなのかを把握しておきましょう。

保有しているすべての金融資産を3つのリスト(生活費、5年以内に使う資金、5年以上先に使う資金)に書き出してみるとわかりやすいかもしれません。

生活費や急な出費に備える資金は、普通預金などいつでも引き出せるように置いておきましょう。目安は生活費の半年分程度。現在の貯蓄額がその金額に満たないという人は、投資を検討する前に、まず貯蓄をした方がいいかもしれませんね。懐に余裕がないと投資もうまくいきません。

5年以内に使う予定の資金は安全性の高い金融に預けておくのが基本です。資産のほとんどをすべて同じ普通預金に預けている人は、ネット定期や個人向け国債を利用するなど、お金に少しでも高く利息が生まれるよう管理しておきましょう。

そしてここが大事。5年以上先に使う資金やまだ使う目的の決まっていない資金が、投資に回せるお金となります。なぜなら収益性の高い金融には価格に少なからず変動があるため、じっくりと増やしたり、値下がりしても回復を待てるよう「長く」保有できることが条件だからです。

そして次に目標利益を設定しましょう。

運用利回りを求めるときは金融電卓が便利です。WEB上のツールを利用してもいいですが、ひとつ家にあればかなり便利です。毎月の積立投資も加えてみましょう。例えば資金200万円に加えて毎月3万円を積立てると3.3%の利回りで達成できる、あるいは毎月4万円の積立なら0.5%の利回りで達成できることがわかりますね。

最後に実行プランを考えましょう。フィフティーフィフティーの実現確率を上げたいと思えば、それよりワンランク積極的な運用が必要になる、とお考えを。自分が許容できるリスクを考慮しながら、目標の利回り実現が期待できるプランを目指してみてください。