日経平均株価、3営業日ぶり上昇 終値は85円高

6日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日ぶりに値上がりし、終値は前日より85円55銭(0・47%)高い1万8360円54銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は、同10・24ポイント(0・70%)高い1477・20だった。出来高は23億9千万株。

イタリアで4日、憲法改正案が国民投票で否決され金融市場への警戒感が強まったものの、5日の欧米市場では影響は限られた。世界経済の不透明感が後退したことが投資家に好感され、東京市場は朝方から幅広い銘柄で買い注文が先行。一時、日経平均は200円超上昇した。