日経平均、2日連続値下がり トヨタは一時3%超下落

6日の東京株式市場は、日経平均株価が2日連続で値下がりした。日経平均の終値は前日より66円36銭(0・34%)安い1万9454円33銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同2・36ポイント(0・15%)低い1553・32。出来高は18億6千万株。

外国為替相場で円高に振れたことで、輸出関連株などが売られた。トランプ米次期大統領がトヨタ自動車のメキシコでの工場建設計画を批判したことで、トヨタ株が一時、前日の終値より3%超値下がりした。米国へ輸出する工場がメキシコにあるマツダや日産自動車なども売られた。