日経平均終値80円高、2週間ぶりの高値

東京株式市場は、日経平均株価が2営業日続けて値上がりした。終値は前週末より80円22銭(0・41%)高い1万9459円15銭で、1月27日以来、約2週間ぶりの高値をつけた。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は、同7・64ポイント(0・49%)高い1554・20。出来高は18億8千万株。

前週末の日米首脳会談で、トランプ米大統領から貿易赤字や為替の問題に対して批判が出なかったことを受けて、トランプ氏への過度な警戒感が後退した。朝方から自動車株などで買い注文が先行し、日経平均は一時140円超上昇した。