日経平均終値は220円安 3営業日ぶりに値下がり

東京株式市場で、日経平均株価は3営業日ぶりに値下がりした。終値は前日より220円17銭(1・13%)安い1万9238円98銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同15・08ポイント(0・97%)低い1539・12。出来高は21億株。東芝が正午に予定していた2016年4~12月期決算の開示を行わず、投資家に不安感が出て、他の株にも売りが波及した。外国為替市場でやや円高が進んだことも影響した。

東芝株の下げ幅は一時9%を超え、終値は前日より20円(8%)安い229円80銭だった。