日米韓、ミサイル防衛演習を実施へ

日米韓3カ国は14、15日に、日韓両国の近海で弾道ミサイル防衛の合同演習を実施する。韓国国防省が14日発表した。北朝鮮による弾道ミサイルの脅威を念頭に置いたもので、昨年6、11月、今年1月に次いで4回目。

同省によれば、日米韓のイージス艦のうち、日本近海に海上自衛隊のきりしまと米軍のカーティス・ウィルバーが、韓国近海に韓国軍の世宗大王がそれぞれ展開。コンピューターを使ってミサイルを共同で探知する。日韓間の情報は、米軍経由で共有するとした。

日韓両政府は昨年11月、秘密情報を共有するための基本的な取り決めを定めた「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)を締結した。韓国国防省によれば、日韓は現在、ミサイル防衛の情報を共有する枠組み作りを急いでいるという。