日経平均終値172円安 2営業日ぶり値下がり

東京株式市場は、日経平均株価が2営業日ぶりに値下がりした。終値は前日終値より172円98銭(0・91%)安い1万8810円25銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同12・49ポイント(0・82%)低い1504・54。出来高は22億6千万株。

外国為替相場で円高が進み、自動車など輸出関連株が売られた。市場では「ロシアで起きた爆発事件の影響で、安全資産とされる円が買われ、円高が株価を押し下げた」(大手証券)との声が出ている。