北朝鮮ミサイル発射「失敗の可能性も」

北朝鮮によるミサイル発射を受け、安倍晋三首相は5日午前、首相官邸で記者団に「安全保障上の重大な挑発行為で、国連安保理決議に明確に違反し、断じて容認できない」と語り、北朝鮮を非難した。「さらなる挑発行為の可能性も十分に考えられる。万全の対策をとる」とも強調した。

菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、「(ミサイル発射は)失敗の可能性も考えられるが、現時点においては分析中だ」と述べた。日本政府は外交ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議するとともに、国家安全保障会議(NSC)を開いて対応などを協議した。航空機や船舶への被害は確認されていないという。

岸田文雄外相は、米国や韓国との安全保障協力を強化することや、国連安保理に力強いメッセージを出すよう働きかけることなどを省内に指示した。防衛省幹部は「(6日から始まる)米中首脳会談の直前のタイミングを狙ったことも考えられる」と話す。