日経平均、100円超の値上がり

東京株式市場で、日経平均株価は値上がりしている。午後1時時点は、前週末の終値より131円39銭高い1万8796円02銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同8・67ポイント高い1498・44。日経平均の午前の終値は、同122円09銭(0・65%)高い1万8786円72銭。TOPIXは同8・23ポイント(0・55%)高い1498・00。出来高は9億3千万株。

為替が円安に傾いていることに加え、先週の米中首脳会談で通商問題をめぐり決定的な対立が避けられたことが好感され、幅広く値上がりしている。「自動車など輸出関連銘柄を中心に、買いが集まっている」(大手証券)という。