ロンドンでテロ、7人死亡 車ではねた後、ナイフで襲撃

英ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、バンが暴走して複数の歩行者をはね、橋の南側にある食材市場「バラマーケット」付近でバンを乗り捨てた実行犯が、人々をナイフで襲撃する事件が発生した。

ロンドン警視庁などによると、一連の事件で7人が死亡、警察官1人を含む48人が負傷し、市内5カ所の病院に搬送された。実行犯の男3人は駆けつけた警察官に射殺された。同警視庁は事件をテロと断定し、捜査を始めた。

実行犯の男らは、爆発物のようなベストを身につけていたが、のちに爆発物ではなかったことが判明した。

英メディアによると、暴走した白いバンは、ロンドン橋を南へ走行しながらスピードを上げ、ジグザグ走行をしながら5~6人の歩行者をはねたという。

事件を受けてロンドン橋や最寄り駅は封鎖された。警察は人々に警戒を呼びかけ、現場に近づかないよう求めている。

現場付近は飲食店が多く、観光客も多く訪れる地区。週末で、多くの人でにぎわっていたとみられる。

ロンドンでは3月下旬、今回の現場から約2・5キロ離れたウェストミンスター橋で車と刃物を使ったテロが起き、5人が死亡、50人以上が負傷している。