日経平均、小幅に下落 値下がりは3営業日ぶり

5日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日ぶりに値下がりした。終値は、前営業日の2日終値より6円46銭(0・03%)安い2万0170円82銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同2・23ポイント(0・14%)低い1609・97。出来高は16億4千万株。

円相場が円高に振れた影響で、自動車株などが売られた。下げ幅は小幅で、市場では「企業の堅調な業績と比べて日本株はまだ割安感があり、買いに動く投資家も多い」