北朝鮮、短距離の地対艦ミサイル数発発射 日本海に落下

韓国軍合同参謀本部は8日、北朝鮮が同日午前6時18分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)付近から北東方向に、短距離の地対艦巡航ミサイルを数発発射したと発表した。高さ約2キロまで上がって約200キロ飛行し、日本海に落下した。米軍を強く意識した軍事行動とみられる。北朝鮮は国連安全保障理事会が核・ミサイル開発に関連して2日に採択した制裁決議に反発し、開発を続ける意思を示していた。