日経平均は値下がり 2万円台割り込み推移

東京株式市場は、日経平均株価が値下がりし、取引開始から2万円の大台を割り込んで推移している。午後1時時点は、前週末の終値より94円59銭安い1万9918円67銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同1・72ポイント高い1593・38。午前の終値は同71円46銭(0・36%)安い1万9941円80銭。TOPIXは同3・38ポイント(0・21%)高い1595・04。出来高は9億7千万株。

前週末のニューヨーク株式市場で、アップルなどIT(情報技術)系の銘柄に割高感から売り注文が入った。東京市場もこの流れを引き継ぎ、半導体製造装置など関連銘柄を中心に値下がりした。ただ、IT関連の需要は今後も堅調とみられ、市場からは「一時的な利益確定売りが入っている」(大手証券)との声が出ている。