タカタ株、ストップ安に 近く民事再生法申請の報道で

19日の東京株式市場で、欠陥エアバッグ問題を抱えるタカタの株価が急落した。民事再生法の適用を申請する方向との報道を受け、売り注文が殺到。前回取引があった15日より80円安い404円と、値幅制限の下限まで下がる「ストップ安」となった。

東京証券取引所は16日、タカタ株の売買を終日停止。タカタが同日夜、再建方法について「あらゆる選択肢が検討されている」とのコメントを出したため、19日から売買を再開した。