日銀・岩田副総裁「金利引き上げの局面ではない」

日本銀行の岩田規久男副総裁は22日、青森市内で講演し、「金利の引き上げによって(緩和効果を)減じる局面では全くない」と述べた。2%の物価目標は「なお距離がある」とし、長期金利をゼロ%程度に固定するいまの緩和策を「粘り強く続ける必要がある」と強調した。

岩田氏は「物価上昇率の高まり方が緩慢であることは認めざるを得ない」とする一方、人手不足を受けた賃金上昇やエネルギー価格の上昇で物価はこれから上がると指摘。「将来の物価上昇を先取りする動きが徐々に広がっていく」ことで2%は実現可能だとした。

物価目標の柔軟化を求める声を自ら紹介し、「リーマン・ショックの教訓を忘れてしまったように思えてならない」と批判。物価が低いまま景気後退局面を迎えると、金融政策で対抗するのが難しくなるとして、2%の早期実現が必要だと訴えた。