円相場は小幅な値動き

東京外国為替市場の円相場は、ドルやユーロに対してやや円安が進んでいる。午後1時時点では前日午後5時より32銭円安ドル高の1ドル=111円32~33銭。対ユーロは同36銭円安ユーロ高の124円26~27銭。

前日の米国市場で原油価格の下落が一服し、米国景気への先行き懸念が後退するとの見方から、ドルを買って円を売る動きが強まっている。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを進めているにもかかわらず米国の長期金利が伸び悩んでおり、「大きな方向感は見えない」。