北朝鮮ICBM「国土の一部に届く」 米軍高官が認める

米軍制服組ナンバー2のセルバ統合参謀本部副議長は18日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が今月4日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、「明らかに米国土の一部に届く」と発言。北朝鮮のミサイルが十分な飛距離を持つことを認めた。

セルバ氏は、北朝鮮がICBMの開発を急速に進めていることを認めつつも、「ミサイルに必要な誘導や制御の能力があることを実証できていない」と指摘。北朝鮮が米国を正確に攻撃できる能力はまだ持っていないとの見方を示した。今の段階では、米国に対する現実的な脅威とはなっていないことを強調した。