3期連続で貿易黒字 17年上半期

財務省が20日発表した2017年上半期(1~6月)の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆444億円の黒字だった。黒字は3期(1年半)連続。原油価格上昇で輸入額が増え、黒字幅は前年同期より41・1%減った。

輸出額は前年同期比9・5%増の37兆7873億円で、アジア向けの半導体製造装置や自動車部品が伸びた。輸入額は同12・2%増の36兆7429億円で、原油や石炭価格上昇が影響した。日米間の貿易収支は3兆2223億円の黒字で、黒字幅は同5・4%減った。

6月単月の貿易収支は4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。輸出額は前年同月比9・7%増の6兆6076億円、輸入額は同15・5%増の6兆1676億円だった。