日経平均、3日ぶりに値下がり

東京株式市場は、日経平均株価が3日ぶりに値下がりした。終値は、前日より44円84銭(0・22%)安い2万0099円75銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同3・02ポイント(0・18%)低い1629・99。出来高は15億3千万株。

為替相場が円高ドル安に振れている影響で、売りが先行した。ただ、企業の4~6月期の決算発表が来週から本格化するのを前に、様子見の動きも広まり、小幅な値動きにとどまった。